台湾と中国と美しい観光地

台湾はひとつの国ではなく、中国という大きな国の中にある別個の地域という認識が強いです。
国ではないけれど国レベルの影響度を持ちますし、独自の文化や交流を築いているので中々難しいところもあります。
中国の影響がまったく無いというわけではなく、台湾問題など様々な問題がありますし、台湾の役員が中国系に擦り寄る考えをしている人も多いです。
台湾と中国はお互いの意見がすれ違っていて領地統治問題など様々な問題はあり、今はそれが表面化してメディアで報道されることも多いですが、基本的に両国とも毎年多くの日本人観光客が来訪していて中心部であれば治安的にも安全ですので、旅行に関しては基本的には問題ありません。
台湾は親日の人が多く色々と親切で文化遺産や自然遺産も12箇所くらい存在していて、観光する場所には困らないので、美味しい料理と美しい自然遺産や文化遺産を楽しんでください。
ジブリ舞台の映画の元となった場所も存在するので、映画好きはぜひ行って見ましょう。

故宮博物院はあまり期待しない事

台湾といえば、なんといっても故宮博物院ではないでしょうか。国宝である翡翠の白菜や豚の角煮とかがとっても有名です。翡翠の白菜を見るには結構行列に並ばなければいけないのですが、見るとそんなにたいしたことないな~って思ってしまうと思います。
なぜならば、かなり小さいものなんですね。確かに細かい細工で、色が自然のものっていうのがすごいって思いますけどそこまでです。おまけにレプリカがミュージアムショップで大量に売っているのでありがたみがちょっと薄れてしまいます。
台湾でいいかなって思えるのは、やっぱりスイーツとかのグルメですかね。何がいいって、基本的にどこに入って食べても美味しいということです。ヨーロッパみたいに選ばなくてもいいのはラクです。やっぱり美味しいなって思ったのはタピオカ入りミルクティーですかね。空港内で飲んでも美味しいですよ。夏ならマンゴーのかき氷とかも美味しいです。夜の屋台で食べ歩くのもいいですけど、防犯には気を配った方がいいと思います。

九扮での観光と美味しい食べ物

台湾で有名な観光地と言えば「九扮」です。ここは宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」の舞台にもなったと言われている場所で、あの赤いちょうちんが飾られています。細い路地で作られている街なので、自分が歩いてきた道を引き返して元の場所に戻らないと、道に迷うとガイドさんに注意されていたぐらい少し迷路な街です。でもこの町は山の上らへんにあるので、九扮の町の上のカフェのテラスに出ると、とても美しい景色を見ることができます。
そして私はブラックタピオカと豆花と呼ばれる豆腐のスイーツを食べました。好きなトッピングを選ぶことができます。言葉が通じないですが、指させばなんとなく分かってくれるので、大丈夫です。見た目は少し敬遠してしまいがちのデザートでも食べると日本人の口に合う優しい味をしています。
台湾のお土産で有名なのはパイナップルケーキですが、私がおススメのパイナップルケーキは紫の箱に銀色の個別わけされた箱がいくつも入っているパイナップルケーキです。
台湾で人気の九份へ楽しくツアー参加したい方におすすのサイトです。